7月25日。
曇り空の大阪。蒸し暑い1日。
今日は、天神祭の本宮です。

天神祭お迎え人形スタンプラリーを
集めに天満宮さんへ行って来ました。

御迎え人形は、江戸中期、船渡御を迎えるため、
祭り当日に船に乗せて船渡御の一行を導く役割を担っていたもので、
当時は船上に立てた棒の先に高く飾り、大型の雪洞(ぼんぼり)で照らしていたそうです。

人形の多くは、浄瑠璃や歌舞伎の登場人物を題材としていて、
多いときには50体を超えていたそうですが、現在は16体しか残っておらず、
その全てが大阪府有形民俗文化財に指定されていて、
現在は、毎年、天神祭の時期に天満宮境内と帝国ホテルのロビーなどに
数体ずつ飾られています。

午後3時前、天神橋筋商店街も屋台が立ち並びお祭りムード一色です。

天満宮さんに到着。
omm2017.07.25天神祭02.jpg
お腹に低く響く太鼓の音が聞こえてきます。

本殿正面でのお参りは今日はできないので、
omm2017.07.25天神祭03.jpg
登龍門から参拝。

スタンプラリーに参加するのは2年ぶり。
天満宮さんには3体の人形が展示されています。
omm2017.07.25天神祭04.png

omm2017.07.25天神祭05.png

久々のご対面。
「胡蝶舞」
omm2017.07.25天神祭06 .jpg
こちらは、「天神祭御迎え人形スタンプラリー 〈其の参〉(H25.7.25)」で、
対面済み。


「羽柴秀吉」
omm2017.07.25天神祭07 .jpg
こちらは、「天神祭御迎え人形スタンプラリー 〈其の弐〉(H25.7.18)」で、
対面済み。

そして、「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)
omm2017.07.25天神祭08.jpg
日本神話の代表的な神格で、天照大神の弟。
八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治したことで有名ですね。

今までに見たどの人形よりも迫力を感じます。
omm2017.07.25天神祭09.jpg

omm2017.07.25天神祭10.jpg
お顔が大きいからでしょう。
歌舞伎役者と同じく、顔が大きいと舞台映えがするんですね。

衣装の足元には、
omm2017.07.25天神祭11.jpg
立体的な龍の刺繍が施されています。

高価な金糸や銀糸で縫いとった美しい図柄に加え、
当時としては贅の限りを尽くした小道具など、
まさに豪華絢爛そのもの。
現在の貨幣価値で換算すれば、
一体が何千万もかかるというものだそうです。


スタンプを押して、
omm2017.07.25天神祭15.jpg

本殿の方へ。

人だかりの向こう、
omm2017.07.25天神祭12.jpg
催し太鼓が、勇壮な掛け声と、低くお腹に響く太鼓の音で
先陣を切って進んでいきます。
音を聞いていいるだけで、心が浮き立ちます。

やっと手を伸ばし、
omm2017.07.25天神祭13.jpg

omm2017.07.25天神祭14.jpg
目には見えていないのですが、カメラに収めることはできました。

お祭りに参加している人も、観ている人も滝のような汗。
これでこそ夏祭り。
これも夏祭りの醍醐味かもしれません。

こちらはスタンプラリーの台紙。
omm2017.07.25天神祭16.jpg
あと7体でゴール。

さあ、今年も終いは大阪締めで。
打ちましょ、
もうひとつせ、
祝うて三度
パパン、パン!

住所
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2017年7月25日 09:28
  • Pemalink

みずみずしい新緑が目に爽やかな季節。
OMM2017.4.28東洋陶磁01.JPG
大川添いを歩いて、中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館を訪ねました。


美術館へ行く道すがら、手入れされた花壇には、
OMM2017.4.28東洋陶磁02.JPG
色とりどりの花が咲き誇っています。


白く輝いて咲くこちらの花の名前は?
OMM2017.4.28東洋陶磁03.JPG
調べてみると「ライラック」でした。
近づくと、良い香りがします。

中の島バラ園のバラは、
OMM2017.4.28東洋陶磁04.JPG
まだ固いつぼみです。

まぶしい日差し。
OMM2017.4.28東洋陶磁08.JPG
木陰ではスズメがやさしくさえずっています。

季節を楽しみながら歩いているうちに、
OMM2017.4.28東洋陶磁05.JPG
大阪市立東洋陶磁美術館に到着。

現在、大阪市立東洋陶磁美術館では、
OMM2017.4.28東洋陶磁09.JPG
「ハンガリーの名窯 ヘレンド」が7月30日まで開催されています。

「ハンガリーの名窯 ヘレンド」は、
1826年、ハンガリー南西部ブダペストにもほど近い
小さな村ヘレンドで生産が始まった磁器。
手作業にこだわり常に最高のものを目指したヘレンド磁器は、
その芸術性の高さからヨーロッパの多くの王侯貴族に愛され、
名実共にハンガリー芸術を代表する存在となり、今日に至っています。

ハンガリーの首都、ブダペストは「ドナウの真珠」や「ドナウの薔薇」など、
様々な言葉で賞賛される街。
今でも威風堂々とした佇まいの王朝建築が立ち並んでいます。
そのなかで使われていた磁器。

磁器にはその国をあらわすように気品と優雅さそして繊細さが備わっています。

薄く焼いたティーセットは、可憐な少女のよう。

日本の伊万里焼や柿右衛門、
中国・清時代の粉彩磁器をお手本にして、
ヨーロッパ風に変化させたものも多数展示されていて、
カップの把手やトレイの足に、
中国人が伸びをしているモチーフが使われていたり、
どこかユーモラスでかわいらしいものが目を引きます。

チラシにも載っている壺は世界で初めて展示されたもの。
気品と重厚感を持ちながら、
磁器とは思えないやさしい柔らかな印象を醸し出しています。

ハンガリーは、
「ヨーロッパに投げられたアジアの石」といわれ、ヨーロッパ諸国で唯一アジア系民族の国。
温泉大国であったり、名字が名前の前にくるなど、
どこか親しみを感じられる国。

そんなハンガリー文化を垣間見ることができる展覧会でした。
OMM2017.4.28東洋陶磁11.JPG

OMM2017.4.28東洋陶磁12.JPG

注:このイベントは終了しています。

住所
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1-1-26 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2017年4月28日 11:56
  • Pemalink

久々の晴れ間。
今日は、造幣局の通り抜けに行って来ました。

オープン前の10時に到着すると、長い列ができています。
OMMさくら通り抜け02.jpg
「やっとお天気が良くなったので出かけましょう」といった感じ。
皆さん考えることは一緒ですね。

門をくぐると、
OMMさくら通り抜け04.jpg
ひと、ひと、ひと。

販売会コーナーにも人の列が。
OMMさくら通り抜け05.jpg


さくらはというと、ツボミが多いかな。
OMMさくら通り抜け03.jpg
ちょっと寒い日が続きましたもんね。

今年の花「鬱金(うこん)」。
OMMさくら通り抜け06.jpg
古くから知られた桜で、江戸時代に京都知恩院に植えられていたそうです。

駒繋(こまつなぎ)。
OMMさくら通り抜け11.jpg

OMMさくら通り抜け10.jpg
重たくなった枝に添え木がされています。
年々、添え木を施された木が増えてきているような。

蘭蘭(らんらん)。
OMMさくら通り抜け12.jpg
上野動物園のパンダ 蘭々の死を悼んで、昭和55年こどもの日に
北海道松前町の子供が命名した花。

珍しい品種。
OMMさくら通り抜け13 (1).jpg
大手毬(おおでまり)。

朱雀(すざく)。
OMMさくら通り抜け16.jpg
陽の光が透け、やさしく咲いています。

毎年人気の、
OMMさくら通り抜け24.jpg
雨情枝垂(うじょうしだれ)。

雨宿(あまやどり)。
OMMさくら通り抜け18.jpg

出口付近、大木の染井吉野。
OMMさくら通り抜け19.jpg
今年は、まだ見ごろ。

いつもたくさんの人に楽しまれている造幣局の通り抜け。
OMMさくら通り抜け22.jpg
今日が開催日から初めての晴れ間とあって、出口までたくさんの人で混雑していました。

造幣局を出ると、
いい匂いがしてきます。
OMMさくら通り抜け21.jpg
食い気も、楽しみましょう。


帰り道。
風が吹くと花吹雪。
OMMさくら通り抜け20.jpg
そして、さくらが終わるともうすぐ新緑の季節です。


OMM内飲食店では、さくら祭りを開催中です。
帰り道に是非、お立ち寄りください。


こちらはOMM屋上から造幣局方面の景色。
OMMさくら通り抜け23.jpg
まるでジオラマを見ているようです。

平成29年4月11日(火)~4月17日(月)
平日は午前10時から午後9時まで
土曜日・日曜日は午前9時から午後9時まで

注:このイベントは終了しています。

住所
〒530-0043 大阪府大阪市北区天満1-1-79 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2017年4月13日 13:27
  • Pemalink

明日から3月。
寒さと暖かさが行ったり来たりの三寒四温。

今日は、大阪天満宮さんへ「てんま天神梅まつり(盆梅と盆石展)」を観に行ってきました。
(3月12日まで開催)
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅02.jpg
9時30分頃、天満宮さんに到着。
人はまばらです。

まずは、手水でお浄め。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅01.jpg

そして、お参り。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅03.jpg
今年初めての天満宮さん。
いつもありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


それでは早速、盆梅展へ。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅04.jpg


入口では、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅05.jpg
樹齢150年の梅がお出迎え。

中に入ると かすかな梅の香が鼻をくすぐります。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅06.jpg

OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅07.jpg
ほぼ満開かな。

入ってすぐに、
樹齢300年「大和野梅」。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅09.jpg
威風堂々たる姿です。


「思いのまま」
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅10.jpg

OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅11.jpg
やわらかな 優しい印象。


こちらはまるで、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅08.jpg
花形役者が揃った歌舞伎の舞台さながら。


盆石展は、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅13.jpg
山紫水明たる水墨画の世界のよう。



9時30分の開場後すぐに入ると、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅15.jpg

OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅16.jpg
ゆっくりと鑑賞することができそうです。

こちらのご婦人、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅12.jpg
梅の木と対話されているよう。


外に出ると、
お店の梅も、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅20.jpg

OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅21.jpg

お庭の梅も、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅18.jpg

OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅19.jpg
満開。


こちらは、
おみやげの「梅のきもち」
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅14.jpg
境内で実った梅の実を練り込み神職巫女がつくり、神前にお供えされたおもち。

梅の香がほのかにします。
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅22.jpg
ありがたく、美味しくいただきました。


日差しは春の暖かさ。
梅の香りに包まれ、
OMM2017.02.28大阪天満宮盆梅17.jpg
うららかな一日を過ごせます。


※期間中はさまざまな催しも行われています。
 詳細はこちらをご覧ください。


注:このイベントは終了しています。

住所
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2017年2月28日 11:59
  • Pemalink

今年6月に開催され、好評を博した「中之島駅ホーム酒場」
またまた、中之島の駅で開催されるというこで、
早速、初日に行ってきました。

OMM2016.12.15ホーム酒場01.jpg

車内やホームで「立ち飲み」スタイルの飲食を楽しめるこちらのイベント。
今回は、座席昇降で有名な5000系車両が中之島駅3番線でお出迎え。

入場料は1,000円。(1,000円分(100円×10枚綴り)の飲食チケット付き)
OMM2016.12.15ホーム酒場03.jpg


早速、ホームで
OMM2016.12.15ホーム酒場09.jpg
堂々と、日本酒で乾杯!
普段であればできませんよね。


お酒のあてもいろいろ。
OMM2016.12.15ホーム酒場06.jpg

OMM2016.12.15ホーム酒場05.jpg

OMM2016.12.15ホーム酒場07.jpg
お酒に合う一品料理や珍味が揃えられています。


それでは、車内へ。
電車に乗り込む様子は、車両に貼っているポスターが無ければ、
OMM2016.12.15ホーム酒場10.jpg
通勤時の光景そのもの。


車両の中は、赤ちょうちんが飾られ、
居酒屋の雰囲気。
OMM2016.12.15ホーム酒場04.png

OMM2016.12.15ホーム酒場11.png
カウンターテーブルが設置された処で立ち飲みをするのもよし。
座席にゆっくり座って楽しむのもよし。
ちょっと、昭和の雰囲気かな。


非日常を味わえる楽しい空間。
OMM2016.12.15ホーム酒場08.jpg
皆さんも、足を運んでみてはいかがでしょうか。

(こちらの催しは12月17日(土)まで開催されています。 )

注:このイベントは終了しています。

住所
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2016年12月13日 11:23
  • Pemalink

OMM

OMMは熊野参詣の起点である八軒家船着場に最寄りの「天満橋駅」に直結したテナントビルで、貸し展示ホール・会議室なども運営しています。大阪城にも程近く、桜並木が美しい大川沿いに立地し、四季折々の景色を愉しむことができます。

OMM

トップページへ

イベント情報へ

交通アクセスへ

カテゴリー

最近のブログ記事

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索