大阪の夏の風物詩 、
関西・歌舞伎を愛する会 第二十二回 七月大歌舞伎「船乗り込み」の式典が、
6月30日に天満橋の八軒家浜で開催されました。

船着き場あたりには、のぼりがあがり
OMM2013.6.30-14船乗り込み.jpgのサムネール画像


大勢のファンの方が駆けつけています。
OMM2013.6.30-15船乗り込み.jpg


「関西で歌舞伎を育てる会」は昭和53年に結成されたもので、当時の関西における歌舞伎公演の状況は、たいへん厳しいものがあり、

「いま何か手をうたなければ、歌舞伎発祥の地、関西で公演が見られなくなってしまう・・。まだ一度も歌舞伎を見たことがない若い世代の方にも、歌舞伎の素晴らしさを知ってもらおう・・。」

と、歌舞伎復興に情熱を燃やす、歌舞伎役者 澤村藤十郎さんの歌舞伎復興への強い思いに多くの方が共鳴し大阪の民間労働組合の呼びかけによって、行政、経済界、労働界、学者文化人、市民の多くの方々が結集し結成されたそうです。

その後、昨年亡くなられた、中村勘三郎さんを含むの役者さんたちの熱気ある舞台が、
多くの若い歌舞伎ファン を生み出し、会の名称を「関西・歌舞伎を愛する会」と改め、
今日に至っているとのことです。


さて、話は式典にもどします。
まずは芝居の演目と、出演される役者紹介の口上が述べられ、
OMM2013.6.30-02船乗り込み.jpg

つづいて大阪府、松竹関係者の挨拶があり、

そしていよいよ・・・待ってました!
ずらっと並んだ歌舞伎界の名役者さん達。
OMM2013.6.30-01船乗り込み.jpg
八軒屋浜がいっきに華やいだ雰囲気に。
揃いのゆかた姿が目に涼しく、この日の暑さを忘れさせてくれます。

「松嶋屋!」「成駒屋!」の声がかかるなか
出演者おひとりおひとりが挨拶をされます。

片岡仁左衛門さま。
OMM2013.6.30-03船乗り込み.jpg
顔よし、声よし、姿よし。
大名跡ながら謙虚な佇まい。この品のよさ。素敵。
この方の腹芸はすごい。観る者の心を劇中に引き込んでいきます。

中村橋之助さんも貫禄がついてきましたねー。
OMM2013.6.30-04船乗り込み.jpg
この方の舞台での立ち姿は、まるで浮世絵から出てきたよう。
こちらも素敵。

中村福助さん。
OMM2013.6.30-11船乗り込み.jpg

中村翫雀さん。
OMM2013.6.30-10船乗り込み.jpg

中村扇雀さん。
OMM2013.6.30-09船乗り込み.jpg

他の役者さんのことも載せたいのですが長くなるのでこの辺で・・・

とりは片岡秀太郎さん。
OMM2013.6.30-05船乗り込み.jpg
挨拶のなかで「演目のおもしろさもさることながら、
片岡我當、秀太郎、仁左衛門と松嶋屋の三兄弟、
中村福助、橋之助と東の成駒屋の二兄弟、
中村翫雀、 扇雀とこちらは西の成駒屋の二兄弟と
兄弟揃い踏みでの公演は大変めずらしいことです。
ぜひ劇場へ足をお運びください。」とおっしゃっていました。

式典の最後は、片岡仁左衛門さんの発声で、
OMM2013.6.30-20船乗り込み.jpg
そろって大阪締め。

そして、お囃子の船に先導され松竹座のある道頓堀に向かい出発していきました。
OMM2013.6.30-08船乗り込み.jpg

OMM2013.6.30-07船乗り込み.jpg

歌舞伎ファンならずとも心が浮き立つ賑々しさ。
おのずと芝居への関心と期待が高まります。

挨拶のなかで、今回の演目はバリエーションにとんでいて
いろんなジャンルの出し物を観ていただけますとおっしゃっていました。

片岡仁左衛門さんは開幕を前に、「初めての方にも行ってみようかなと思っていただける公演にしたい」と語られています。

「歌舞伎座の柿葺落公演も盛り上がっておりますが、大阪松竹座もさらに盛り上げたいです!」
と意気込みを語られる役者さんもいらっしゃいました。

皆さんも大阪松竹座七月大歌舞伎に足を運び、劇場で楽しい空間を感じてみられてはいかがでしょうか。
演目、配役などの詳細についてはこちらをご覧ください。



こちらは、おまけ・・・
式典会場にむかわれる、片岡仁左衛門さんを偶然お見かけすることができました!!
(あまりに興奮してしまいブレブレの写真になってしまいました。)
OMM2013.6.30-12船乗り込み.jpgのサムネール画像

OMM2013.6.30-13船乗り込み.jpgのサムネール画像

住所
, 〒540-0002 大阪府大阪市中央区天満橋京町1−1 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2013年7月 1日 10:54
  • Pemalink

7/6(土)・7(日)に「天満橋★(ほし)バル」が開催されます。
「天満橋★(ほし)コン」も同日開催)

最近、各地でバルイベントが開催されていますが、
7/7(日)の「天満橋★(ほし)バル」は「平成OSAKA天の川伝説2013」と同時に開催されるので
光る川面を眺めながらお店を巡り、素敵な雰囲気が楽しめそうです。
(「平成OSAKA天の川伝説2013」は7/7のみ開催ですのでお気をつけください。)

OMMビル内の参加店舗(H25.6.12現在)は
お好み焼き・焼きそば・鉄板焼の「二味」さんと
OMM2013.6.27-02天満橋バル参加店舗(二味).jpg

OMM2013.6.27-01天満橋バル参加店舗(二味).jpg


喫茶「アカガネ珈琲」さんです。
OMM2013.6.27-01天満橋バル参加店舗(アカガネ).jpg

OMM2013.6.27-02天満橋バル参加店舗(アカガネ).jpg


OMMビルは「平成OSAKA天の川伝説2013」が開催される大川沿いにあります。
OMM2013.6.27-01天満橋バル(OMMビル).jpg
そして、開催場所の最寄り駅「天満橋駅」(地下鉄谷町線・京阪電車)と
地下の連絡通路で直結していて、わかりやすい場所にあるので
お気軽に立ち寄っていただけます。

こちらはOMMビル横の天満橋から中之島方面を望む景色です。
OMM2013.6.27-02天満橋バル(大川).jpg
この川が開催当日、地上の天の川になるんです。

良いお天気になるといいですね。
晴れることを祈りつつ・・・

天満橋バルにご参加の際は、是非OMMビルにもお立ち寄りください。
皆様のお越しをお待ちしております。

注:このイベントは終了しています。           

住所
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1丁目7−31 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2013年6月27日 10:07
  • Pemalink


(当日の様子はこちらをご覧ください。)

大阪の夏の風物詩大阪松竹座七月大歌舞伎「船乗り込み」の式典が
6月30日(日)に天満橋の八軒家浜船着き場(京阪天満橋駅北側)で開催されます。
2013.6.17-01.jpg

「船乗り込み」はもともと大坂の古式ゆかしい行事で、歌舞伎役者が江戸や京都から
大坂入りする際に、川沿いを巡りながら、ひいき客らにあいさつし、道頓堀の芝居小屋へと
乗り込んでいたもの。
今も、色とりどりの幟や高張提灯に飾られた船に俳優陣が乗り込み、賑やかなお囃子の中、
川岸のファンに挨拶をされます。
松竹座七月大歌舞伎に出演される名役者たちが、目に涼しいそろいのゆかたで並ぶ姿を
観ることができる式典。
皆さんも足を運ばれてはいかがでしょうか。

スケジュールなど詳細はこちらをご覧ください。
(船乗り込みに乗船して、行事に参加する一般参加者の募集もされています。)

松竹座での演目、配役などの詳細についてはこちらをご覧ください。

住所
〒540-0002 大阪府大阪市中央区天満橋京町1−1 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2013年6月17日 09:26
  • Pemalink

平成26年「平成OSAKA天の川伝説2014」の記事はこちらです。

今年も「平成OSAKA天の川伝説2013」が
7月7日(日)に大川~堂島川~土佐堀川で開催されます。

人々の願いを託した、たくさんの光の球「いのり星」が川面を流れ、
大川が地上の天の川になるという幻想的な景色が広がるイベントです。
2013.6.4-02.jpg

2013.6.4-01.jpg

2013.6.4-03.jpg
この「いのり星」を放流できる、「有料観覧エリア入場・放流券」(短冊付)が
WEBで6月1日(土)より、販売開始されています。
電話や販売場所では6月8日(土)より発売されます。(前売り1,000円、当日1,500円)
詳細はこちらをご覧ください。

今回は天満橋界隈を食べ歩く「天満橋★(星)バル」
七夕の日ならではの婚活&出会いのイベント「天満橋★(星)コン」
も同時開催され、前年とは違った楽しみかたもできそうです。
食と人、素敵な出会いが待っているかもしれません。
(OMMビル内にもイベント参加店舗があります。)

[お問い合わせ先]
平成OSAKA天の川伝説推進委員会事務局(関西・大阪21世紀協会内) 
TEL:06-6942-2006(お問合せ時間:平日 10:00~17:30)

注:このイベントは終了しています。

住所
〒540-0002 大阪府大阪市中央区天満橋京町1−1 大きな地図で見る
  • Posted by omm
  • 2013年6月 4日 09:00
  • Pemalink

5/1の記事で紹介しました谷町四丁目の大阪歴史博物館の特別展「美と恐怖とユーモア 幽霊・妖怪大全集」の後期展示を見学してきました。
5/1の記事はこちら。

後期の展示内容ですが、かなりの数が入れ替わっています。そして、入替のあった作品のいくつかにも、描かれている幽霊自身による幽霊譚が添えられています。また、大阪展限定展示品である大阪平野区の大念仏寺所蔵の幽霊掛け軸2幅も入替されており、前記後期ともご覧になった方は、本来であれば、大念仏寺において毎年8月の第四日曜日にしか一般公開されない貴重な12幅のうち、4幅も特別に見学できたことになります。

さらに、YKI48総選挙の結果も発表されていました。結果はこちらからもご覧いただけます。あなたのお気に入りの幽霊・妖怪は何位でしょうか?

今回も1回300円の妖怪ガチャポン・妖怪ピンバッジに挑戦した結果・・・
目当てだった⑦がでました!!
⑦は円山応挙の幽霊画の一部分がモチーフですが、円山応挙こそが「足のない幽霊」を描いた最初の人物であるという説があります。

20130528-1.jpg

遊びでスーツにつけてみました。

20130528-2.jpg

ひゅ~どろどろどろ...といった効果音が今にも聞こえてきそうな気がしませんか。しませんね。
あ、もちろん着けたのは写真撮影時のみです。念のため。

怪奇・・・ではなく、会期も残りわずかです。まだご覧になっていない方は、是非足を運ばれてはいかがでしょうか。


幽霊・妖怪画大全集は大阪歴史博物館にて平成25年6月9日まで開催されています。

特別展 大人1,200円 ・ 高大生800円
その他詳細は下記関連URLをご参照ください。

注:このイベントは終了しています。

住所
, 大阪府大阪市中央区大手前4丁目1−32 大きな地図で見る
  • Posted by 管理人
  • 2013年5月28日 16:45
  • Pemalink

OMM

OMMは熊野参詣の起点である八軒家船着場に最寄りの「天満橋駅」に直結したテナントビルで、貸し展示ホール・会議室なども運営しています。大阪城にも程近く、桜並木が美しい大川沿いに立地し、四季折々の景色を愉しむことができます。

OMM

トップページへ

イベント情報へ

交通アクセスへ

カテゴリー

最近のブログ記事

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

検索