トレンドは足元から。
足元にどれだけ気を使っているかで全体のイメージが変わってきますよね。

OMMではマドラス(株)さん主催の
「マドラスグループファミリーセール」が開催されています。
(9月7日まで開催)
20190906マドラス01.jpg

20190906マドラス04.jpg

20190906マドラス03.jpg

20190906マドラス02.jpg


madras(マドラス)はイタリア発のレザーシューズブランド。
イタリア・ヴェネツィア郊外のバッサノから日本に上陸、愛用者も多く人気のシューズブランドです。

紳士靴・婦人靴・イタリア製のインポートシューズもなど
有名ブランドの靴がお値打ち価格で取り揃えられています!
協賛企業によるスニーカー、シューケア用品も限定特別価格で提供されています。

お得にファッションを楽しめるこのセール。
是非、足をお運びください。


催物名:マドラスグループファミリーセール
主催者:マドラス(株)
開催期間:9/6(金)~9/7(土)
開催場所:OMM2階E・E2ホール

注:このイベントは終了しています。

住所
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2019年9月 6日 13:05
  • Pemalink

まだまだ暑い日が続いています。
涼しくなったら、どこに出かけましょう。
予定を立てるのも楽しみのひとつですね。

OMMではエース㈱さん主催の、
20190906エースサービス01.jpg
「エース ファミリーセール」が開催されています。
(9/7まで開催)


毎回人気のこのセール。
20190906エースサービス02.jpg
オープン前、開場を待つ長い列ができています。


中に入ると、
20190906エースサービス03.jpg
大盛況。

どのブースも人だかりができています。
20190906エースサービス04.jpg

20190906エースサービス10.jpg



トローリーケース。
20190906エースサービス06.jpg

20190906エースサービス05.jpg

20190906エースサービス07.jpg

20190906エースサービス08.jpg


スポーツカジュアル。
20190906エースサービス09.jpg

20190906エースサービス14.jpg


ビジネスバッグ。
20190906エースサービス12.jpg

20190906エースサービス13.jpg


その他にも、財布など小物類も揃えられています。
20190906エースサービス15.jpg



どれを選んだらいいのか迷ったときは、
20190906エースサービス19.jpg
エースの商品を知り尽くしたスタッフが、親切丁寧に対応してくれます。

きっと探しているバッグが見つかるはず。
是非、足をお運びください。


バッグのブース外では、紳士・婦人服、日用品、お菓子など
各種協賛メーカーさんが出展されています。
20190906エースサービス17.jpg

20190906エースサービス18.jpg
こちらもどうぞお見逃しなく。


催物名:エースファミリーセール
主催者:エース(株)
開催期間:9/6(金)~9/7(土)
開催場所:OMMビル2階B・Cホール

注:このイベントは終了しています。

住所
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2019年9月 6日 10:34
  • Pemalink

2019年8月8日(木)に開催されるびわ湖花火大会
琵琶湖湖畔に映る花火が美しいですよね。

当日の周辺道路は混雑が予想され、交通規制も敷かれます。
お車でのアクセス方法が気になりますよね。
そこでおすすめの駐車場が、京阪京津線「四宮」駅前にある「京阪パーキング四宮」。
「四宮」駅は花火大会会場のある京阪電車京津線「びわ湖浜大津駅」まで4駅。

《駐  車  場》 「京阪パーキング四宮」(16台収容)
                【時間内最大料金】7:00~22:00:600円 / 22:00~7:00:300円
               【時間料金】7:00~22:00 20分:100円 / 22:00~7:00 60分100円
              ⇓(駅前すぐ)
           京阪電車京津線「四宮駅」
             ⇓(約11分 運賃:往復480円)
《花火大会会場》  京阪電車京津線「びわ湖浜大津駅」
※当日、京津線は臨時ダイヤを実施!16時〜22時台が 7分〜10分間隔で増発されます。

ここで余談ですが、京阪電車京津線(けいしんせん)は地下鉄・登山電車・路面電車と3つの顔を持っています。
日本有数の勾配あり、急カーブありその他にもおもしろスポットがたくさん。
下調べをして乗車すると、鉄道好きでなくても楽しめます!

びわ湖花火大会へは「京阪パーキング四宮」へおとめやす!
20190801京阪パーキング四宮01.jpg

20190801京阪パーキング四宮02.jpg

住所
〒607-8045 京都府京都市山科区四ノ宮堂ノ後町16-2 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2019年8月 2日 17:09
  • Pemalink

子どもたちは、夏休みに入りました。
OMMでは今日からターナー色彩(株)さん主催の
「ART & DIY LIFE festa」が開催されています。
(8/3(土)まで開催)
DSC_0985.jpg


会場に入ると、
2019ターナー06.jpg
多くの人で賑わっています。

今回は30以上のワークショップを開催されていて、
どこのブースも大盛況です。
子どもたちは、
2019ターナー03.jpg

2019ターナー05.jpg

2019ターナー04.jpg
工作に夢中。
夏休みの工作の宿題はこれで大丈夫だね。

ダンボールで作ったお家や車、恐竜に思い思いの色を重ねていったり、組み立てたり、
2019ターナー07.jpg

2019ターナー09.jpg
どの子もはしゃいで楽しそう。


大人も、DIYに夢中です。
2019ターナー13.jpg

2019ターナー10.jpg

2019ターナー12.jpg

2019ターナー11.jpg
折り畳みできるサインボードなど、
ビジネスシーンに活用できるワークショップも開催されています。


壁画アーティストのsilsil(シルシル)さんによるライブアート。
2019ターナー15.jpg
silsilさんの手で、大きなカンバスに綺麗な花が咲いていきます。


色彩あふれる会場内。
ワークショップを見ているだけで、いろんな創造力が膨らんできます。


参加しているきみたちも、
2019ターナー19.jpg
色とりどりで、かわいいね。きれいだね。


疲れたら、川沿いの景色を楽しみながら
2019ターナー17.jpg
会場内のカフェで一息。


音楽ライブや講演会、そしてヒーローショーのイベントも。
暑いこの季節。涼しく楽しめる場になっています。
是非、足をお運びください!


催物名:ART & DIY LIFE festa
主催者:ターナー色彩(株)
開催期間:8/2(金)~8/3(土)
開催場所:OMM2階Aホール
※入場無料

注:このイベントは終了しています。

住所
〒540-0008 大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2019年8月 2日 09:46
  • Pemalink

梅雨が明け、夏の暑さも本番となりました。
今日は天神祭の本宮です。

2年ぶりに天神祭御迎え人形スタンプラリーを集めに
天満宮さんに行ってきました。
其の壱其の弐其の参其の四其の五はこちらをご覧ください。)

御迎え人形は、江戸中期、船渡御を迎えるため、
祭り当日に船に乗せて船渡御の一行を導く役割を担っていたもので、
当時は船上に立てた棒の先に高く飾り、大型の雪洞(ぼんぼり)で照らしていたそうです。

人形の多くは、浄瑠璃や歌舞伎の登場人物を題材としていて、
多いときには50体を超えていたそうですが、現在は16体しか残っておらず、
その全てが大阪府有形民俗文化財に指定されていて、
現在は、毎年、天神祭の時期に天満宮境内と帝国ホテルのロビーなどに
数体ずつ飾られています。

暑さを避けて午前中に行くと、
天神橋筋商店街は屋台の準備を始めています。
2019天神祭01.jpg

2019天神祭02.jpg

9時30分、天満宮さんに到着。
2019天神祭03.jpg


門前では、天神講(てんじんこう)の獅子舞が、
2019天神祭04.jpg

2019天神祭05.jpg
ご近所さんを練り歩いています。

境内に入ると、まだ人はまばら。
2019天神祭06.jpg
まずは、手を清めて、お参りをすませます。

境内横の地車講(じぐるまこう)では、
2019天神祭07.jpg
賑やかな地車(だんじり)囃子が鳴り響いています。


さあ、それではここから、
2年ぶりのお迎え人形とのご対面です。
2019天神祭08.jpg

2019天神祭09.jpg


鬼若丸(おにわかまる)。
2019天神祭10.jpg
武蔵坊弁慶の幼名。五条大橋の牛若丸(源義経の幼名)との出会いや、安宅の関の勧進帳などの伝説が有名ですよね。
お母さんのお腹の中に18カ月いて、生まれた時には髪の毛も歯も生えそろっていたと伝えられる弁慶ですが、
なかなか紅顔の美少年だったんですね。
歌舞伎の見得を切る姿は今にも動き出しそうです。

細部にわたり、
2019天神祭11.jpg

2019天神祭12.jpg
凝った衣装。豪華絢爛です。
人形を作る人も修繕できる人も今は無く、
衣装は刺繍の部分を切り取って修繕しているそうです。

こちらはスタンプ。
2019天神祭16.jpg


八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ)。
2019天神祭13.jpg
こちらは、「天神祭御迎え人形スタンプラリー 〈其の参〉(H25.7.25)」で、
対面済み。


「豆蔵」(まめぞう)。
2019天神祭14.jpg
こちらは、「天神祭御迎え人形スタンプラリー 〈其の四〉(H26.7.25)」で、
対面済み。

今年で、9体のスタンプを収集できました。
2019天神祭17.jpg
来年へつづく・・・。

ボランティアさんの説明では、
江戸時代は、歌舞伎の型を取るお迎え人形の前で芝居談義に花を咲かせていたそう。
そして、「しじみの藤棚」は、
2019天神祭18.jpg
天神祭の当日、天神橋から天満橋まで飾られていたそうです。

その頃の天神祭の様子に思いをはせながら、
境内正面に戻ると、
2019天神祭19.jpg
熱気あふれる勇壮なお神輿が。
お祭りの雰囲気がどんどん盛り上がっていきます。

夏雲が広がる空の下、
天神祭の本宮。

さあ今年も大阪締めで、
打ちましょ、
もうひとつせ、
祝うて三度
パパン、パン!

住所
〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8 大きな地図で見る
  • Posted by OMM
  • 2019年7月25日 08:31
  • Pemalink

OMM

OMMは熊野参詣の起点である八軒家船着場に最寄りの「天満橋駅」に直結したテナントビルで、貸し展示ホール・会議室なども運営しています。大阪城にも程近く、桜並木が美しい大川沿いに立地し、四季折々の景色を愉しむことができます。

OMM

トップページへ

イベント情報へ

交通アクセスへ

カテゴリー

最近のブログ記事

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索